塩類下剤

塩類下剤の効果と特徴

塩類下剤の効果と特徴

下剤

塩類下剤は習慣性の無いお薬だと言われます。硫酸マグネシウム、酸化マグネシウム、クエン酸マグネシウムなどによって、腸内の塩分濃度を上げることにより水分を腸内に取り込んで便をやわらかくする仕組みです。ほかの下剤と併用して使われることもあります。

 

コントレックスなどの硬水にもマグネシウムが多く含まれているため、軽い便秘の人などは上手く活用している人も多いようです。塩類系下剤の注意点としては、腎疾患の患者さんなどは使用できないことです。

塩類下剤の効果と特徴関連ページ

刺激性下剤の特徴と効果
下剤の一種「刺激性下剤」の特徴と効果についてご紹介します。
膨張性下剤の効果と特徴
膨張性下剤の効果と特徴についてご紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ