膨張性下剤

膨張性下剤の効果と特徴

膨張性下剤の効果と特徴

下剤

膨張性下剤は、腸内の水分量を増やし便を柔らかく膨張させる事によって排便を促す下剤です。便が膨張して量が増えることによって、腸の蠕動運動が促されます。生理的な排便に近く、副作用のリスクが少ないことで知られています。

 

ただし、痙攣性便秘の人には効果が無く、また稀に嘔吐や腹部膨張感などの副作用が出る人もいるようです。また、この下剤は非常に飲みづらい特徴があり、口の中でジャリジャリとなるため入れ歯などの高齢者には向かないと言われています。

膨張性下剤の効果と特徴関連ページ

刺激性下剤の特徴と効果
下剤の一種「刺激性下剤」の特徴と効果についてご紹介します。
塩類下剤の効果と特徴
塩類下剤の特徴と効果についてご紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ