下剤 種類

下剤の種類

下剤の種類

下剤の種類についてご紹介します。

下剤の種類記事一覧

刺激性下剤の特徴と効果

刺激性下剤とは、腸の蠕動運動を活発にするお薬です。腸に刺激を与える薬であるため、人によっては腹痛を伴い、酷い下痢症状を起こす場合があります。特に痙攣性便秘の人は、ただでさえ活発な腸の蠕動運動をさらに加速させてしまうため、便秘や下痢が悪化してしまう危険性があります。さらに刺激性下剤は長期間の使用によっ...

≫続きを読む

 

塩類下剤の効果と特徴

塩類下剤は習慣性の無いお薬だと言われます。硫酸マグネシウム、酸化マグネシウム、クエン酸マグネシウムなどによって、腸内の塩分濃度を上げることにより水分を腸内に取り込んで便をやわらかくする仕組みです。ほかの下剤と併用して使われることもあります。コントレックスなどの硬水にもマグネシウムが多く含まれているた...

≫続きを読む

 

膨張性下剤の効果と特徴

膨張性下剤は、腸内の水分量を増やし便を柔らかく膨張させる事によって排便を促す下剤です。便が膨張して量が増えることによって、腸の蠕動運動が促されます。生理的な排便に近く、副作用のリスクが少ないことで知られています。ただし、痙攣性便秘の人には効果が無く、また稀に嘔吐や腹部膨張感などの副作用が出る人もいる...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ